未来のために今を生きる

登山、日常のことなど様々なことを書いていきます。

嗚呼、無情 ~毎日あるぺん号編~

からっと晴れ上がった夏空のような天気が続き。

あえなく関東地方も梅雨明け。

夏山のシーズン到来。

この時期は本当に山に行きたくてウズウズします。

仕事の兼ね合いもあり、なかなか身体が自由に空きません。

で、前々から登りたかった山に登ろうと。

思い立ったら吉日で前々から聞いたことはある毎日あるぺん号を予約。

f:id:hitoritozan:20180705232113j:plain

結局、単独行で登山に行くことが多いわけで。

 

・一人でマイカー運転していくよりも交通費が安く済みそう。

 

・最近、疲れている状態で長距離運転することを避けているので、あるぺん号なら乗ってるだけで寝ててもOK!

 

・夏山最盛期になると停められないという噂の登山口駐車場もバスなら関係ない・

 

上記、二点の理由であるぺん号を予約してみました。

しかも往復+山小屋宿泊料のセット料金。

仕事が忙しく、そんなに注意して天気予報も見てなかったんですが。

数日前にそろそろ近くなってきたからと「てんきとくらす」で天候を見たところ。

 

がっつり週末雨じゃないですか、、、

 

神様を信じて、、、

行ったら晴れてるかもしれない、、、

登山不適となっているけど、実際はそこまでではないかもしれない、、、

 

そんな希望的観測。

今日、キャンセルしました。

本当に馬鹿みたいですね。

山を甘くみてはいけないのです。

「行ってみたらそこまでではなかった」はたまたま運がよかっただけ。

頭が作り出した都合の良い妄想です。

登山道が濡れてて、滑って骨折るかもしれないし。

最悪、遭難して誰かに迷惑かけるし。

去年、仙丈ケ岳に登った時は、本降りの雨の中を雨着を着て登りましたが。

ゴアテックスの雨着が肌にまとわりついて暑くて気持ち悪かったし。

雨降ってるからずっと下向いて登ってた。

今回は降水確率90%(笑)

万が一、雨の切れ間があったとしても、たぶんガスって展望も効かない。

せっかくの今まで行きたかった山なのに。

もっとベストコンディションのときに挑みます。

 

ただ、うっかりなのがあるぺん号のキャンセル料。

 

きゅうせんごひゃくえん、、、

(';ω;`)ブワッ

 

まぁ、総額の何パーセントとかちゃんと書いてありますからね。

別に文句はないんです。

ただ、「総額」からだけど。

山小屋って基本キャンセル料とらないんだよね。

かかってない山小屋の宿泊料までキャンセル料に上乗せされるのかーとか。

天候不順って登山では安全に関わることだし仕方ないことだと思う。

まぁ、バスが交通事情で動かない限りはキャンセル料とりますって書いてあるけど。

山小屋がキャンセル料とらないのは天候不順の際に無理して登山者が来ないようにって聞いたことある。

バスも同じこと言えるんじゃないのかーとか思ってしまった 笑

 

まぁ、今回は自分の不注意です。

これからは気をつけます、、、