未来のために今を生きる

登山、温泉、読書の記録、グルメなことなどを書いていくブログです。

【登山翌日の筋肉痛対策】どうすれば翌日以降も快適に過ごせるか考えてみた

今、まさにこんな感じです。

f:id:hitoritozan:20180717222313p:plain

 

八ヶ岳登山計画から一夜が明けました。

www.turezurenikki.work

朝になり、下半身を中心に筋肉痛。

ベッドから起き上がって一、二歩歩いたらもう右太腿が攣りました、、、

これは強烈です、、、

今までの登山でここまで筋肉痛になったことがありません。

テントの重量恐るべし、、、

しかも先日の登山は赤岳鉱泉をベースとしてテントを設営して翌日にテントを残したまま身軽に赤岳登ったわけでテントを背負って山登りをしたわけではないのです。

よく女性でテントを背負って歩いている方を見かけるが尊敬してしまいます。
今日は駅の階段もキツイ。

会社で椅子から立ち上がるのもキツイ。

要介護認定が貰えそうでした、、、

とてもとても筋トレしにジムに行ける状態でもありません。

仕事に集中できる状態でもなさそうですね。

もし筋肉痛になってしまったら一刻も早く治したいですよね。

筋肉痛には大きく分けて二種類の対策があります。

登山後のケア

よく言われるのが、ゆっくり休むこと。

成長ホルモンが分泌される22時~2時にしっかり眠っておくことで疲労が回復され、肉体を治癒してくれます。

また、筋肉痛では身体を動かしてはいけないという印象を持ちがちです。

軽いウォーキングやストレッチをすることで血行がよくなり、筋肉痛がじっとしているよりも早く治るそうです。

登山装備として

これまで筋肉痛になってしまった場合にどのように治すかということを書いてみましたが、最初から筋肉痛にならないに越したことはありません。

www.goldwin.co.jp

山でよく履いてる方を見かけますよね。

自分も試してみたいのですが、手持ちの登山タイツがあるのと割といいお値段がするのでまだ手が出せていません。

また、登山靴のインソールもあります。

登山は足を酷使するスポーツです。

その足は登山靴によって支えられていると言っても過言ではありません。

インソールを変えることで、歩くことが楽になり翌日に筋肉痛になることが少なくなると思います。

 

次回への教訓です。

使用感がよかったらまたご報告します。

www.turezurenikki.work